トップ » オフィスで着る服について

オフィスでの服装について

仕事場での服装についてみると工場や工事現場等で作業をするブルーカラーと呼ばれる職種では男女共に同じユニフォームを着用します。一方、ホワイトカラーといわれオフィスと呼ばれるような企業に勤める職種では一般的に総合職である男性はスーツであり、一般職の女性は会社規定の制服を着用と定めている企業は以前に比べれば減少していますが多くあります。また総合職で営業に出ることがある女性でも外回り時にはスーツでオフィスに戻れば制服に着替えるといった人もいます。これでは制服を定めている必要性に疑問が湧いてきます。ユニフォームを着用する意味とは着る人自身にその組織の一員であることを自覚・意識させ組織が統制を取りやすくするためと組織外の人間からその組織の一員であることが容易にわかるようにするためだからです。

ユニフォームは利便性も大切

ユニフォームは利便性の高いものにしましょう。オフィスで使うものですから清潔感があり、機能的であることが大切です。洗濯やアイロンがけがしやすく、壊れにくいものでなければなりません。デザインも大切です。良いデザインなら、ユニフォームを進んで着る人が増えますが、変なデザインなら、誰も着たがらないからです。必要以上にお洒落である必要はありませんが、誰もが好感を持てるようなものを選んだり、作ったりするようにしなければなりません。高価なものである必要はありませんが、貧相なものはオフィスイメージを低下させますから、避けなければなりません。

ジルコン - 1/5の誕生花
誕生花ブログパーツ